CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」に参加してきました

CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」に参加してきました。web制作におけるIA(Information Architecture)について、6時間/7セッションにわたるセミナーです。

CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」
CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」

各セッションと講演者は下記の通り。

  • 情報アーキテクチャの全体像〜ワークフローとケーススタディ〜
    長谷川敦士(コンセント)
  • プロジェクトマネジメントから見たIAの大切さ
    林 千晶(ロフトワーク)
  • IAの欠点〜IAの本来の目的と役目
    佐藤伸哉(so●y)
  • IAワークショップ〜LPOをテーマに〜
    坂本貴史(ネットイヤーグループ)
  • マークアップとIA
    小久保浩大郎(iA)
  • IAからWebサイトデザインへの突破口
    長谷川恭久(could)
  • パネルディスカッション

各セッションの詳しい内容については、tiwitterによる実況中継を見ていただくとして、感想など。(追って公式サイトからもフォローがあるはずです)

IAというと何か格好良くて、最先端のweb技術みたいな気がしますが、結局のところどこの現場でも行っている作業を体系化したようなイメージです。サイトの目標設定、ターゲット設定、コンテンツの整理・体系化、ラベリング、導線設計・・・。と、どこまで意識的に、明確に、明示的に行っているかというレベルの違いの問題かと。

ただ現実問題で言えば、たとえばきっちりユーザ調査してペルソナ作って全ページワイヤーフレーム書いてそれを納品物レベルのドキュメント化していたら、私が請け負っているような地方の大半の仕事は真っ赤になってしまう。もちろんやれるに越したことはないけど、クライアント企業の規模やリテラシーの違いをちょっと感じたところはありました。実際、数百ページレベルのリニューアルって地方ではかなり大きな仕事ですよ。まして数千、数万ページって・・・。

そうは言っても出来ることから取り入れて行きたいし、クライアントの理解を得てIA部分でもお金を頂けるようにしていかなければ成果の上がるwebサイトにはなり得ないとも思う。そういう意味では、今まさに変革期というか曲がり角にある気がします。CSS Niteの2009年のテーマが「スキルからセンスへ」っていうのも、そういった意味も込められているような気がしています。ただキレイな作れる、web標準準拠でコーディングできるとかというスキルの域を超えた、ビジネスとしてのセンスが求められているってことで。

ちなみに私がかなり必死でとったメモはこちら。
CSS Nite LP7(PDF:270KB)

そしてアフターパーティー(懇親会)。今日のセミナーの意見交換や名刺交換をさせていただいたり、日頃の仕事・事業について熱く語り合ったり、結婚とか恋愛とか普通の話もしたりと、楽しい時間でした。華やかそうに見える業界ですが、普通に仕事はしんどくてスタッフも普通の人なんです(一部そうでない人も・・・)。

アフターパーティー(懇親会)
アフターパーティー(懇親会)

こういう場に参加でき、一緒に考えたり悩んだりしながら日々の業務に活かせる(本当に活かせてる?と自問自答!)ことに感謝です。貴重な時間をありがとうございました。

「CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」に参加してきました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: CSS Nite公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です