「安保法案 衆院特別委で可決」とのことですが、こんな決め方には反対です

政治の話はNGって言われるけど、今の安保法案にはやはり反対。

こういう法案の必要性もわかるし、変わりゆく世界のパワーバランスのなかで避けられないのはわかります。ただ、改憲まで含めたパッケージで考える(つまり最後は国民投票)くらい重大なことじゃないのかぁ、と。

憲法改正を望んでいるわけでないけど、その覚悟もないままに解釈改憲?でなし崩しにするにも限度というものがある。何か、遠い世界で政治の都合だけで進んでいるように感じます。

前の総選挙はアベノミクスへの信任投票的に行われたのに、いつの間にか安保法制とか話が違わない? 都合のいいときだけ選挙で決めた風にするのはズルじゃないの?

こういうことは、(改憲の)国民投票までのプロセスにおいて、日本のあり方を明確にしていかないとダメなんじゃないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です