【映画】ターミネーター4

ターミネーターはやっぱり未来から来て欲しいと思う。

T1では敵だったターミネーターがT2・T3では味方として未来から送り込まれて来た第4シリーズ。舞台は2018年、人類対スカイネットの戦争真っ只中。

大人と言うかオッさんになったジョン・コナーがスカイネットのロボット軍団と戦うのだが・・・、すでに司令官クラスになってるし何と言うかT3から話が飛び過ぎて行間が読めない感じ。

肝心の過去にターミネーターを送り込むシーンとか無いし、シュワちゃんも一瞬最新型ターミネーターとして出演するも、すぐに皮膚を燃やされてロボット剥き出しになってお終い。

ターミネーター・シリーズとして見なければ楽しめる映画なんだけど、どうしても見る側のハードルが上がってしまうのかもしれないです。

期待が高かっただけにちょっと残念。
しかもまだ続きそうな勢い。スターウォーズの新旧3部作みたいになるのかしらん。とすれば、次作が正念場でしょうか。

“審判の日”から10年後の2018年。人類軍の指導者となり、機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきたジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)。今や30代となった彼は、人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻が開始されようとする中、ついに人類軍のリーダーとして立ち上がることになる。

スタッフ
監督: マックG
製作: モリッツ・ボーマン / デレク・アンダーソン / ヴィクター・クビチェク / ジェフリー・シルヴァー
製作総指揮: ジーン・オールグッド / ダン・リン / マリオ・F・カサール / アンドリュー・G・ヴァイナ / ジョエル・B・マイケルズ
脚本: ジョン・D・ブランカトー / マイケル・フェリス
製作総指揮: モーリッツ・ボーマン
キャスト:
 クリスチャン・ベイル
 サム・ワーシントン
 コモン
 ブライス・ダラス・ハワード
 ヘレナ・ボナム=カーター
 アントン・イェルチン
 ローランド・キッキンジャー
 他
シネマトゥデイより

ターミネーター4@映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です