映画な日々【フラガール】

変わる勇気、変わらない勇気。

炭坑が次々と閉鎖されていった昭和40年、人員整理が始まった常磐炭鉱で新産業=ハワイアンセンターを起こす実話ベースのサクセスストーリー。変わりたい炭坑人、変われない炭坑人、否応なく押し寄せる時代の波。センターの目玉、フラアダンスも悪戦苦闘。東京から流れてきた先生(松雪泰子)は飲んだくれ、生徒たち(蒼井優・しずちゃん他)は素人ばかり。前途多難な世話役(岸部一徳)も悪戦苦闘のなか・・・。

東北の田舎にハワイって。石炭から石油にエネルギーの中心は移り、炭坑は閉鎖されていく。変わらなきゃ/変われない、そんな炭坑人のジレンマと変わる人間の代表的なハワイアンセンター。東北弁がしみます。一波乱あって先生が去ろうとする際に岸部一徳が投げかける「あんた良い女になったな」(というような言葉)がこの映画のすべてです。元々バレエの素養がある蒼井優の存在感もすごい。

サクセスストーリーと言ってしまえばそれまでですが、東北弁という舞台装置とフラダンスの魔法が後味の良い爽快感を与えてくれます。単純に楽しいのです。

http://www.hula-girl.jp/

(06-10-01 MOVIX京都 7シアター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.